人気ブログランキング |

KIZUNA グンちゃんブログ

ソ ジュンとテギョン。。


「ラブレイン」のチャン・グンソクに見え隠れする「美男<イケメン>ですね」のファン・テギョン

TVREPORT|2012年04月12日14時59分


写真=KBS 2TV「ラブレイン」、SBS TV「美男<イケメン>ですね」
ものすごく我が強く、誰にでも遠慮なく毒舌を吐く。限度を知らない自慢げな振る舞いに、誰にも負けないナルシズムを持っている男。人の目などは気にしない図々しさ。これはKBS 2TVドラマ「ラブレイン」のチャン・グンソクの姿だ。ところで、これを見ていると彼が前作で演じたもう一人の人物、SBSドラマ「美男<イケメン>ですね」のファン・テギョンを思い出す。

チャン・グンソクは「ラブレイン」で仕事と恋愛、どっちも自分勝手なイケメン写真作家のソ・ジュンとして出演している。ソ・ジュンは彼が4話まで演じていたインハの息子で、チャン・グンソクはこのドラマで一人二役を演じている。

劇中での「僕はこれまで、一度も誰かを見てドキドキとしたことがない。代わりに、誰かをドキドキにさせるのは専門だけどね」と自信溢れる姿から「もういい、止めとけ!」といった冷たい喋り方まで。チャン・グンソクは“虚勢のグンちゃん”ならではの演技で自身にピッタリな衣装を着ているかのように戸惑いのない飛行をしていると評価されている。

“虚勢”と言えば、元祖は「美男<イケメン>ですね」のファン・テギョン。これはチャン・グンソクを日本で“韓流スターのグンちゃん”に作り上げたキャラクターだ。劇中でアイドルグループ「A.N.JELL」のメンバーであるファン・テギョンは「お前が使ったティッシュは持ってけ、汚い」と言うほどの潔癖症の持ち主で“事故多発地域”には決して近寄らない繊細でデリケートな安全第一主義者だ。

それだけではない。自身が映っているスクリーンを指し、「僕はあれほどの人間なんだぞ!」と叫ぶなどの“天上天下唯我独尊”の人物で、チャン・グンソクはこのキャラクターを通じて演技の変身を果たし大きな反響を得た。

キャラクターの性格や喋り方はもとより、ソ・ジュンはファン・テギョンのファッションスタイルなど外見的な部分も似ている。劇中の職業に負けないほど華麗なファッションとヘアスタイルで視聴者からはソ・ジュンにファン・テギョンが見え隠れするとの声が出ている。

似ている部分が多い二つのキャラクターだが、この役柄を最も上手く演じられるのはチャン・グンソクだ。彼は華やかなイメージがあるだけでなく、その下にはきちんとした演技力も持っている。どんなキャラクターであれ自身のものにすることができる俳優だ。今回の「ラブレイン」でも本来の自身とは正反対である優柔不断で小心な70年代のソ・インハ役を見事に演じ、その繊細な演技が高く評価された。

ただこれから2012年を生きるソ・ジュンをどんな風に自身だけの洗練した演技で表現できるのか、実はか弱く純粋な心の持ち主で、強がっている姿までそっくりな「美男<イケメン>ですね」のファン・テギョンとはどうやって差をつけるのかを見守っていきたい。


うーん。。

確かにテギョンに似てるとは思うけど、

ソ ジュンはソ ジュンだね。。

同じではないよ。

私には上手に演じ分けしてると思えるけどね。。


グンちゃん、( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ!
b0233678_20264066.jpg
b0233678_20264722.jpg




by blueskyh6 | 2012-04-12 20:26

グンちゃんウナギのつぶやきブログ大好きなハンドメイドネタも(´∇`)
by blueskyh6
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

 

最新の記事

人生は全て
at 2019-03-31 09:10
人生は全て
at 2019-03-31 08:04
こんな夜は
at 2019-03-30 22:58
今日で何年目?
at 2018-11-01 13:58
お久しぶりです。
at 2018-11-01 13:53

カテゴリ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧