人気ブログランキング |

KIZUNA グンちゃんブログ

<   2012年 03月 ( 170 )   > この月の画像一覧




 ~韓国でも日本でもプライベートでも一貫性のあるスター~  追記あり

「味方になってください」と言うチャン・グンソクの“罠”にはまった ― Vol.5

OhmyStar|2012年03月30日21時04分


韓国でも日本でもプライベートでも一貫性のあるスター
チャン・グンソクに公式の場で初めて会ったのは、映画「きみはペット」のインタビューの時だった。韓流スターチャン・グンソク?記者である前に、画面で見える姿と実際の姿はどれだけ違うか、あるいは周りから聞いていた彼に関する噂は本当かどうかが気になっていた。

ソウル三淸洞(サムチョンドン)のカフェで会った彼は、スタッフとふざけ合っていた。チャン・グンソクは、カフェの中の大きな揺り椅子に興味を示し、その椅子に座ったり揺らしたりしていた。

インタビューが始まる前の挨拶でチャン・グンソクが初めて言った言葉は、「僕の味方になってください」だった。この言葉が記者にとっては多少ショックだったことを覚えている。韓国のメディアに取り沙汰されて話題になっている彼だっただけに、さらに妙な響きがあった。おそらくその時だったと思う。チャン・グンソクの“罠”にはまった瞬間は……。

その後、数日経って、プライベートで彼に会う機会があった。東京だった。東京ドームでのライブを大盛況のうちに終え、スタッフとの打ち上げの席で、余興を楽しんでいるチャン・グンソクに会った。チャン・グンソクは記者にビールを渡しながら、「早く結婚しないと」とアドバイスならぬ忠告をしてくれた。

チャン・グンソクに会って感じたのは、非常に一貫性のある人だということだった。格式張らず自由奔放で、自分の主観がはっきりしている人であったことを覚えている。格式張らない中にも、彼なりの真摯な姿もあった。初めて会う記者にも気兼ねなく声をかける彼の姿に、隣にいたマネージャーが注意をする場面もあった。彼にはそれだけ心の扉を開かせる力があった。

男性でいう“26”という歳は、社会生活を始めたばかりか、社会生活を準備している時期である。しかし、芸能人として生きてきた彼は、もはや社会生活を始めて20年を迎えていることをふと思い出した。これが一般的な社会通念ではチャン・グンソクを理解しがたい理由でもある。



チャン・グンソクは、東京ドーム公演が終盤を迎えるころ、4万5千人余りの観客に「テチャン」(歌に沿って一緒に歌うこと)を促した。観客全員が彼の歌を叫ぶように一緒に歌っていた時、カメラのレンズ越しに見たチャン・グンソクの目には涙が浮かんでいた。

生前、最後のコンサートで「僕を愛していると叫んでくれ」と言っていたカート・コバーンを、彼は知っているのだろうか。ファンの愛を求め続けるチャン・グンソクとカート・コバーンが一瞬重なった。

彼をよく知っていると自負することは出来ないが、これだけは確信出来る。スターであるチャン・グンソクも、自然体のチャン・グンソクも、ファンの愛と声援を裏切る人ではないということだ。彼のファンもチャン・グンソクに似ている。言わなくても伝わる彼の真心は、チャン・グンソクとファンを結ぶ堅い絆である。これからもチャン・グンソクを、愛情を持って見守りたい。いつか記者も、“チャンオ(うなぎの意)”になる日が来るかもしれない。
元記事配信日時 : 2012年03月25日12時20分記者 : イ・ジョンミン、イ・ソンピル、写真:イ・ジョンミン



うなぎとグンちゃんの固いKIZUNA。。

いつの間にか、

いつからか。。

この人をずっと見守りたいと思うようになったのは。。


家族以外、芸能人を超えて。。


真心をいつも感じるから、

こちらも真心で返したい。


こんなに小さなブログから愛を叫ぶ。。

いつかは気づいてくれるかな?


グンちゃん。。

b0233678_21181376.jpg
b0233678_21185267.jpg




by blueskyh6 | 2012-03-31 18:07

ププ。。。



YouTubeお借りしました。

ありがとうごじゃいます。

これ、続き見たいなあ。。



by blueskyh6 | 2012-03-31 17:08

love Rain ostと4回目の予告







by blueskyh6 | 2012-03-30 21:15

2012 JANG KEUN SUK ASIATOUR THE CRI SHOW 2

2012年アリーナツアー開催決定!

2012 JANG KEUN SUK ASIATOUR THE CRI SHOW 2

芸能活動20周年を迎えるチャン・グンソクが新たな扉を開く!

2012年、7月のソウル公演を皮切りに日本・中国・台湾・タイの4地域にわたりアジアツアーを開催。

アジアツアーは自身3度目。

これまで培ってきた"アーティスト"としてのすべての力を結集させ、アジア4地域14公演を走り抜ける。

常に進化し続けるチャン・グンソク。

THE CRI SHOW 2 で新たな章の幕が開く!

日本では昨年のツアーをさらにグレードアップさせ4大都市アリーナツアーを行います!

日程詳細は、下記URLをご覧くださいませ。

http://www.jang-keunsuk.jp/tour2012/

※海外公演チケットのお取り扱いは現在調整中です。

詳細決定次第、当サイトにてご案内する予定ですので今しばらくお待ちください。

7/7 ソウル公演
7/21 横浜アリーナ
7/22 横浜アリーナ
8/11 上海公演 
9/1  台湾公演
9/14 大阪城ホール
9/15 大阪城ホール
9/19 名古屋ガイシホール
9/20 名古屋ガイシホール
10/6 マリンメッセ福岡
10/7 マリンメッセ福岡
10/27 シンセン公演


今度は長期にわたるんだね。

体力も使うから、ちょうどいいのかも。。グンちゃんにとって。

うなぎは。。

どれかに行きたい!

お金貯めよう。。

b0233678_13371198.jpg




by blueskyh6 | 2012-03-30 13:19

7月!アジアツアー始まる。。!

チャン·グンソク、7月2012アジアツアー "突入
OSEN 原文 記事送信2012-03-30 08:04

俳優チャン·グンソクが来る7月のソウル公演を皮切りに、2012チャン·グンソクのアジアツアー"に突入する。昨年4月、2011チャン·グンソクのアジアツアー

"というタイトルで、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、台湾、上海などアジア各地のファンに会った彼は、今年下半期に、もう一度アジアツアーを開いて、様々な舞台をお目見えする予定だ。

今回のツアーは、7月のソウル公演を皮切りに、日本の4都市(横浜、大阪、名古屋、福岡)と上海、深セン、台湾、タイなど、中国の4地域で行われる。

チャン·グンソクの公演は、ミュージカルショー形式でファンと歌以外に交流できる窓口を設け、ファンの熱い呼応を得ている。一方、チャン·グンソクはKBS "愛の雨"に出演中で、来る5月30日日本正規1集アルバム"ジャストクレイジー(Just Crazy)"を発表します。



ソウルから始まるの。。?

日本公演、何としても行きたい!

今年は複数公演。。

行けるかな?


とにかく、貯金貯金!

b0233678_9562649.jpg
b0233678_957928.jpg
b0233678_100535.jpg




by blueskyh6 | 2012-03-30 09:58

Hand MadeMIMIのソーイング日記に作品アップしました

b0233678_934592.jpg


愛犬に似せた、ゴルフカバーです。

ブルテリアです。

詳しくはブログを見てね。



by blueskyh6 | 2012-03-30 09:35

グンちゃんとウナギ。。お互いを輝かせる存在

【FAN REVIEW】チャン・グンソクに私生ファンが少ない理由 ― Vol.3

OhmyStar|2012年03月29日18時38分

デビュー20周年を迎えた“グンちゃん”ことチャン・グンソク。誰よりもチャン・グンソクの魅力を知り尽くしているはずの人たちに会った。“チャンオ(うなぎの意)”と呼ばれる彼のファンたちだ。“チャンオ”という名称には、チャン・グンソクの力になり、ファンたちもやはり彼から力を得るという意味が盛り込まれているという。

「OhmyStar」の企画に、5人のファンが参加してくれた。驚いたのは、この方たちの年齢層が尋常ではなかったこと。また、チャン・グンソクから力を得て、誰よりも日常で最善を尽くしているキャリアウーマンで、素敵な21世紀型の女性たちだったということだ。ここで彼女たちを紹介する。合意の下で、ファンカフェで使っているそれぞれのニックネームと職業を公開する。

<登場人物>
Aさん:君の来る道、40代、アーティスト
Bさん:tina、40代、主婦兼講師
Cさん:チョンアクリ、30代、金融業
Dさん:one love、30代、会社員
Eさん:ウンママ、40代、主婦兼語学関連職

“お互いを支えあう存在”。スターとファンの関係はこう定義できるだろう。スターはファンの愛で生き、ファンはスターの才能と人気によって力を得るからだ。

チャン・グンソクと彼のファンの“チャンオ”の関係は、さらに特別に思えた。不思議な魅力を持つチャン・グンソクに、ファンも似ているかも知れないからだ。“ファンはスターに似る”という言葉もあるように。

Dさん:「チャン・グンソクの人気を知らないのは、韓国人だけだと思います」

Dさんの言葉には、様々な意味が盛り込まれていた。韓国のチャン・グンソクファンが少ないという通念への抗弁でもあり得るし、海外では大きな人気を集めているとの表現でもある。

明らかに、チャン・グンソクは韓国に限ったスターではなかった。公式イベントがあるたびに、多様な国籍のファンが集まることは当然のように見える。一例として、去年11月に開かれた東京ドームでのコンサートは全席完売となった。それ以前にも、アリーナツアーでは合計6万人の観客が殺到した。これを見ると、チャン・グンソクが韓流スターとして堂々とトップクラスに位置していることは認めざるを得ない。


海外のファンと限定版プレゼント交換まで…特別なつながりがある
Cさん:「海外に友達ができました。『Cri‐Jドットコム』という公式ファンクラブで出会った“香港チャンオ”が、遅い時間にもかかわらず空港からホテルまで案内してくれました。ホテルはもちろん、イベント会場の案内もです。シンガポールにも知り合いがいますし、日本は言うまでもありません」

案内と表現したが、彼らが伝えた内容にはそれ以上の意味が含まれているようだった。チャン・グンソクのスケジュールに沿って、お互いがそれぞれの国から離れて見知らぬ地を訪れる時、ファンたちは誰も何も言わなくても、自分から声をかけて交流をするという。

この過程で、俗に言う“聖地巡礼”も行われる。これは、“韓国チャンオ”が韓国を訪れる日本や東南アジアのファンを連れて、チャン・グンソクの生まれた家、ドラマを撮影した場所、好きなデザート屋などを案内するのが代表的な例だ。

Cさん:「お互いに助け合うんです。日本の方は日本で販売されるグッズを送ってくださったり。お互いにプレゼントを交換したりもします。“日本チャンオ”の方たちのすごいところは、自分の分ひとつしかない限定版なのに、それを送ってくれたりもします。いつかどなたかが、日本のファンクラブ限定でのプレゼントの記念CDを私たちに贈ってくれました」

Dさん:「日本の方は、他人と分かち合う余裕があると思います。私だったら限定版をあげるのは悩みますね…」

“グローバルチャンオ”の構成はバラエティーに富んでいた。中国や日本だけでなく、東南アジアを越え、中東のファンも多いという。特に、東南アジアの80代のおばあさんが、パソコンの壁紙をチャン・グンソクに設定している写真がSNSに掲載され、話題になったこともあったという。

年齢層も幅が広い方だった。韓国のファンのほとんどがチャン・グンソクがデビューした当初から好きだったため、多少年齢層が高めだとすれば、日本や中国は若い方だという。チャン・グンソクが目立ってスター性を発揮するようになってから、その魅力に目覚めたためだ。

Cさん:「上海に行ったとき、タクシーを待ってたけど複雑な道路で秩序がなく、まったくタクシーが捕まえられない状態でした。そのとき、隣の方がタクシー乗り場まで案内してくださって、無事帰ることができたんです。韓国から来たと聞いて、ホテルまで送ってくれて、タクシー代まで払ってくれました。私よりはるかに年下に見えたのに…上海のグルメまで紹介してくれました」

“チャンオ”たちが語った内容は、単純な逸話や武勇談では片付けられないものだった。すでにチャン・グンソクという名の下で、海外のファンと韓国のファンはお互いに対する壁を取り払っていた。


チャン・グンソクの私生ファン?「いないわけではないが、多くはない」
最近話題になっているスターの私生ファン(サセンペン:特定の芸能人を24時間追い回すファン)について聞かないわけにはいかなかった。自分が好きなスターを私生活に及ぶまで追い回しトラブルを起こす者が、チャン・グンソクファンの間でも存在するのかが気になったのだ。

インタビューに応じた5人のファンはそれぞれ違う意見を持っていたが、他のスターに比べれば少ない方だという点では皆一致していた。「海外の一部のファンたちは本当に激しい」「チャン・グンソクが見たくてわがままをいったりする」などの動向を伝えながらも、彼の私生活を追い回すファンはほとんどいないとのことだった。

Cさん:「グンソクさん本人も所属事務所も、ファンとのつながりを重要視しています。それをもとにコミュニケーションしているので、極端な私生ファンはいないと思います。他のスターのファンダム(特定のファンの集い)が私たちを見て、『私生ファンがいない理由がわかる』と言います。グンソクさん、何でも話してくれますから」

Aさん:「グンソクさんも私生ファンは好きじゃないんです。彼は幼い頃から活動していたので、スターとしての時間と、個人としての時間を徹底して区別しているような気がします。グンソクさん、嫌いなことには厳しいんです」

Cさん:「ヨーロッパのある空港で、写真を撮ろうとグンソクさんを待っていました。普通であれば、スターが現れるとファンが大量に押し寄せて行くことを人々は想像するじゃないですか。でもうちのファンたちは、誰も無理やり前まで出ずに待ってたんです。グンソクさんも、自分が出て来て人々が『わー!』と叫ぶと、『シーッ』と指を口に当てて抑えます。するとまた、水を打ったように静まるんです。驚きました。グンソクさんが話しかけて、そこでやっと歓声を上げます」

総じて見ると、チャン・グンソクはアイドルスターのファンに比べて私生ファンが少ない方だ。彼女らには、ファンの間でチャン・グンソクの私生活には立ち入らないという暗黙のルールがしっかりと共有されているという。しかし、最近韓流ブームに乗ってチャン・グンソクの魅力に目覚める海外の若いファンは、多少過激なケースもあるという。

Cさん:「日本の方は、お互いに情報共有します。グンソクさんを以前から好きだったファンは、韓国のチャン・グンソクファンダムの文化に習って、グンソクさんが好きでも距離を保つルールを知っているのですが、最近好きになった方は違います。衝動的で力も強い方は、誰にも抑えられないので大変です。その方たちの話では、グンソクさんを見たら、自分でも知らないうちに理性を失ってコントロールが効かなくなるというけど、理解できなくはないです」

彼女たちは、行き過ぎたファンの心がスターに及ぼす副作用について深く理解していた。ファンの間での葛藤も結局はスターの顔に泥を塗ることになると語っていた。そんな心を伝えるために、SNSと各種カフェ(インターネットコミュニティ)を活用している。自らを浄化し、スター個人を保護するファン文化に向けた役割を積極的に行っていた。




スターを輝かせる“寄付”

チャン・グンソクのファンとして、ある人は彼の名前で数年間寄付をしていることを明かした。対象はカトリック財団が運営する、ある小児リハビリセンターだった。ファンカフェの正会員になると納付する会費が、この寄付金に使われていた。

これまでこのカフェの会員は、子供たちのためにおもちゃを集めて寄付したり、布のおむつを集めて寄付していた。いわゆる、善良なファン活動だ。

「自分が好きなスターを見直すことになったきっかけでした。私たちの訪れるリハビリセンターのシスターは、最初はチャン・グンソクさんのことをまったく知らなかったんです。それが、その名前での寄付が多いから、インターネットで検索してみて、そこで初めて知るようになりました。スターに直接会ってサインをもらうこともいいですが、こういうことがまた裏でスターを静かに輝かせるもうひとつの活動だと思います」

元記事配信日時 : 2012年03月25日22時54分記者 : イ・ジョンミン、イ・ソンピル



自分にとってスターとは。。


昨日も書いたけど、遠いところでその存在に力をもらい、自分の人生を輝かせてくれる存在。

前に進むパワーをもらっている気がするの。。



グンちゃんにとっても、ファンがそういう存在だとしたら、

嬉しいことだよね。


韓国のうなぎさんのようには、できないけど。。

自分もほんの少しでも、グンちゃんを輝かせるお手伝いができればいいなあ。。

そのためには、まずは自分の夢に向かって一生懸命生きること。


自分自身を輝かせなければね。。









b0233678_634488.jpg




by blueskyh6 | 2012-03-30 06:27

~フアンが聞いて、チャングンソクが答える~   星は遠くで輝くからこそ~

FAN REVIEW ファンが聞いて、チャン・グンソクが答える ― Vol.4

OhmyStar|2012年03月29日18時38分


ファンがチャン・グンソクに投げかけた5つの質問
デビュー20周年を迎えた“グンちゃん”ことチャン・グンソク。誰よりもチャン・グンソクの魅力を知り尽くしているはずの人たちに会った。“チャンオ(うなぎの意)”と呼ばれる彼のファンたちだ。“チャンオ”という名称には、チャン・グンソクの力になり、ファンたちもやはり彼から力を得るという意味が盛り込まれているという。



ドラマ「ラブレイン」の初回放送を控えて、チャン・グンソクのファン、“チャンオ”たちが質問を送ってきた。彼女らの愛情に満ちた心と、スターへの配慮が垣間見られる質問だった。「OhmyStar」は、これらの質問をチャン・グンソク側へ送り、チャン・グンソクはそれに快く答えてくれた。ファンとチャン・グンソクの一問一答。

質問1. グンソクさん、もう一度時代劇をする気はありませんか。韓服(韓国の民族衣装)姿がもう一度見たいです。

「僕に合う役なら、時代劇でも現代劇でもかまわずやる予定!期待してください!」

質問2. 恋をするなら、どんな恋がしたいですか。彼女を作ることでも何でも、どういう恋がしたいのか気になります。(ファンたちは共通して、チャン・グンソクの幸せを望み、恋をしてほしいと思っていた。その中には、恋はしてもいいが、バレてはいけないという前提条件を付ける人もいた)

「芸能人という職業は、恋をすることも難しい立場だと思うときもあります。恋をしたら、絶対に公開しなければなりませんか?相手を配慮したいという気持ちが大きいです。恋愛も普通に、ご飯を食べて、映画を見て、お茶をして、そんなふうにしたいです。いい人が見つかれば結婚は早くしたいですが、そうしたらチャンオたち、泣くかもしれませんね……ハハハハ」




質問3. 軍隊にはいつ頃行きますか。ファンたちは、グンソクさんが長期間熟成出来る俳優なだけに、30代の方が素敵だろうと期待しています。

*当質問に対する応えは、所属事務所の要請で公式的な回答は控えることになりました。

質問4. ファンたちが何をしてくれたときが一番気分がいいですか。古いファンはしばしば小言もいいますが、グンソクさんは嫌がりますよね。もちろん何かをする過程で少し不安に見えても、その結果を見ればいつもグンソクさんが後先を考えていることが分かりますが。

「ファンはいつでも有難い存在です。ネットでも現実でも、静かに応援してくださる方も。ファンとコミュニケーションをする時間は楽しいです。疲れたとき、ファンからの応援で力が出るのは当たり前だと思います。スケジュールをこなしながらも、携帯でチャンオたちのコメントをいつも読んでいます!

でも、僕を置いて浮気するとか、集中してくれないときはヤキモチを焼きますし、たまに僕が何かやろうとしたときに小言を言うことがありますよね。お手柔らかにお願いします。僕だって傷つくんですよ。フフッ。もう僕も26歳の青年ですから。チャンオたちとこれからも楽しくやっていきたいです」

質問5. 次の夢、目標は何ですか。「ラブレイン」以降は日本で活動するという噂もありますが、ファンたちが気にしています。また、今年でデビュー20周年ですが、ディナーショーは本当にやるんですか。

「とりあえず去年、東京ドームの夢は叶えました。まだ次の夢は発表していません。見守っていてください!

もし、今年デビュー20周年のディナーショーを行うとしたら、それももう一つの夢を叶えたことになるかも。ハハ。月曜日から『ラブレイン』が始まりますが、今は『ラブレイン』に力を注ぎたいと思います。ソ・インハとソ・ジュンのこと、よろしくお願い致します!」

元記事配信日時 : 2012年03月25日22時54分



ラブレイン以降は、日本で活動?

マジで??

日本のうなぎとしては嬉しい。。けど。。

韓国のうなぎさんは寂しいよね。。


グンちゃんが日本にいる。。

でもさ。。遠いところで私に力をくれてるグンちゃんが、

あまりに近くにいると。。


見えたくないものがみえてしまうこともあるかも。。。



星は遠くにあるから輝いて見える。。。



フアンとスターは、程よく距離感があるほうが良いのかも。。。


グンちゃんは私にとって夢の存在だから。。




b0233678_20361970.jpg
b0233678_20363771.jpg
b0233678_2037220.jpg




by blueskyh6 | 2012-03-29 20:22

姉妹ブログに作品アップしました

b0233678_9365035.jpg




by blueskyh6 | 2012-03-29 09:37

Love Rain 4回目最後より現代へ。。

不振 "愛の雨"側 "情緒過剰を認め、4回反転の妙味"

[OSEN =ユンが記者]期待以下の視聴率でため息を吐き出しているKBS 2TV

新しい月火ドラマ"愛の雨"が会心の一撃を狙っている。

去る26日初放送された"愛の雨"は、1、2回立て続けに5%台視聴率に留まって

同時間帯最下位の成績を収めている。6年ぶりに新作を持って帰ってきた

ユン·ソクホPDを含めた製作陣の立場では、衝撃的な成績表だ。

"展開があまりにも遅く、等しくない"という指摘と、 "美しく優しい"は、

好評が交錯する中で製作スタッフは失望に陥るよりはベルトを締めるという雰囲気だ。

28日午後KBSドラマ局関係者はOSENに"視聴率成績が思ったよりも低く出てきて、

内部的にも驚いてたくさん惜しい状態"と言いながら"どうしても速く、

刺激的なドラマに飼いならされた視聴者の立場からやや遅い展開速度や

感情過剰に適応が容易ではないようだ。

ユンPDをはじめとする製作陣は、今後演出の部分について十分に議論しているので

変化があるだろう"と述べた。 また、 "4回の最後の部分で2012年の時代に移行します"と、

"70年代を超えて現在になると、より多くの視聴者たちの共感を得ることができると思う。

時代が変わって引き下げ(チャン·グンソク)とユニ(ユナ)が

中年の引き下げ(チョン·ジニョン分)とユニ(イ·ミスク)に変わり、

これらの子娘チャン·グンソクとユナが新たに登場し、逆転の妙味を

プレゼントすることができるとと思う"と伝えた。

"愛の雨"は、4回の最後、2012年に転換されてソジュン(チャン·グンソク)と1つ(ユナ)は、

中年の引き下げとユンヒの交錯したメロが本格的に始まる。

結局、2012年の反転ストーリーのために70年代という布石が必要だったわけだ。

話題を集めた日本の北海道ロケの分量も電波に乗ることになる。

関係者は"感情の過剰な部分の指摘も謙虚に受け入れ、現代に来ては、

明確に変わった話に表示されているから期待してほしい"と付け加えた。




私はイナこそゆっくり見たいと思うのだけど。。

ジュンは今のグンちゃんを思い出すけど、

イナは本当にイナそのものだから。。

だからこそ、チャングンソクの演技の幅を感じて感動できる。。

issue@osen.co。
b0233678_812112.jpg




by blueskyh6 | 2012-03-29 08:12

グンちゃんウナギのつぶやきブログ大好きなハンドメイドネタも(´∇`)
by blueskyh6
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

 

最新の記事

人生は全て
at 2019-03-31 09:10
人生は全て
at 2019-03-31 08:04
こんな夜は
at 2019-03-30 22:58
今日で何年目?
at 2018-11-01 13:58
お久しぶりです。
at 2018-11-01 13:53

カテゴリ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧