人気ブログランキング |

KIZUNA グンちゃんブログ

<   2012年 05月 ( 181 )   > この月の画像一覧




 チャン・グンソク、放送終了で中国に勢い伸ばす

b0233678_23443242.jpg
「ラブレイン」チャン・グンソク、放送終了で中国に勢い伸ばす
b0233678_2345324.jpg
MYDAILY|2012年05月30日17時40分


写真=マイデイリーDB
俳優チャン・グンソクが、ドラマ撮影を終えて中国に活動の幅を広げる。

チャン・グンソクは29日、KBS 2TVドラマ「ラブレイン」最終回の放送日にも撮影を行っていた。

「ラブレイン」を終えたチャン・グンソクは、中国の統一飲料のモデルに抜擢されたことと関連して、プロモーションのために中国へと向かう。31日に出発し、6月3日に韓国に帰国する3泊4日のスケジュールだ。

統一飲料プロモーションを終えたチャン・グンソクはその後1週間韓国に滞在し、CM撮影とアジアツアーに向けた準備をするなど、様々なスケジュールに臨む予定だ。

6月の第3週目には再び中国に向かい、TVに出演するなど中国活動を行う。日本で多くの人気を得たチャン・グンソクが中国へと活動範囲を広げ、アジアプリンスというポジションをさらに確かなものにする。

中国での放送スケジュールを終えたチャン・グンソクは韓国に戻った後、本格的にアジアツアーの練習を開始する予定だ。
元記事配信日時 : 2012年05月30日11時31分記者 : イ・ウンジ




え?

日本に来る予定は?よていは?

オリコン1位にしたのは日本ウナギさんの力。。

ここは日本に来なくちゃだよね?


だって、テレビでいいからグンちゃんを日本で見たい。。

みんなの気持ちだよね?



by blueskyh6 | 2012-05-31 23:45

「ラブレイン」恋をするなら彼らのように…愛の告白3種類


「ラブレイン」恋をするなら彼らのように…愛の告白3種類

OSEN|2012年05月29日14時38分



KBS 2TV月火ドラマ「ラブレイン」で、少女時代 ユナがチャン・グンソクに次いで、キム・シフ、キム・ヨングァンから告白を受けた。ユナへの恋心を抱いていた3人は、それぞれ個性的な方法で気持ちを伝えた。

28日午後に放送された「ラブレイン」で、テソン(キム・ヨングァン)はジュン(チャン・グンソク)と付き合っているハナ(ユナ)が、ジュンの母親であるヘジョン(ユ・ヘリ)からひどい目に遭われているのを目撃した後、強い怒りを覚えた。

ハナと外に出たテソンは、「僕、今日はちょっと勇気を出してみる。君はその人と付き合ってから段々変わっているし、先生は大変そうだし。君が僕の目の前でそんな侮辱に遭うところまで見てしまって、もう待っていられない。だから、ただ一度聞いてみるよ。そして、君がイヤなら、僕もやめる。君、僕を好きになればどうだ。そして楽になれよ。それじゃだめかな」と言って、まっすぐに心を打ち明けた。

学生時代にテソンが好きだったハナは「私、先輩のこと、とても好きだったし、それで幸せだった。でも幸せでなくても、とても不幸だとしても、私は今、ジュンさんと一緒にいることにした」と断った。

ジュンの幼馴染のソンホ(キム・シフ)も、ハナへの特別な気持ちを抱いていた。彼は母親のユニ(イ・ミスク)が視力を失ってきていることに悲しんでいるハナを慰めて、「一生、僕の傍にいて。友達として」と話し、消極的に心を表現した。

一方、ジュンはハナへの愛情表現に自信をつけた。ジュンは付き合ってから初めて、ハナと食事をして良いところに遊びにいく平凡なデートを計画したが、結局失敗になった。大変な一日を終えて、ハナを家まで送ったジュンは「愛してる」と甘く囁いて、ハナを微笑ませた。この日、「愛称を決める」と話し、「ダーリン、お兄さんなどの多くの言葉がある」と話して、ハナを誘導するジュンの姿は愛嬌たっぷりだった。

しかしジュンは、ハナとの付き合いが周りの人々を傷つけてばかりだと考え、結局アメリカに行くことを決心した。彼はハナに「お母さんが元気になって、君が僕のところに来ても構わないと思ったら、その時に僕のところに来てくれたら良いよ。待ってるから」と話して、別れを予告した。
元記事配信日時 : 2012年05月28日23時24分記者 : イム・ヨンジン






b0233678_2381592.jpg




by blueskyh6 | 2012-05-31 23:05

「ラブレイン」低視聴率にも俳優たちの熱演は輝いた



「ラブレイン」低視聴率にも俳優たちの熱演は輝いた

MYDAILY|2012年05月30日14時31分

※この記事にはドラマ「ラブレイン」の結末に関する内容が含まれています。


写真=KBS「ラブレイン」ポスター
ドラマ「ラブレイン」がチャン・グンソクと少女時代 ユナの結婚を予告し、最終回の幕を下ろした。

29日に放送されたKBS 2TVドラマ「ラブレイン」(脚本:オ・スヨン、演出:ユン・ソクホ)の最終回では、ソ・ジュン(チャン・グンソク)とチョン・ハナ(ユナ)が、愛を続けていくというハッピーエンドで結末を迎えた。

このドラマは、放送前からドラマ「秋の童話」「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督と、オ・スヨン脚本家が再びタッグを組んだ作品で高い関心を集めた。しかし、ただ懐かしいだけだった「ラブレイン」は、めまぐるしく変化していく現代のトレンドに合わず、5%台という屈辱的な視聴率を記録し、残念な結果を残した。

しかし「ラブレイン」は、視聴率がドラマの成否を判断する基準ではないということだけは、十分に伝えた。たとえ5%台の視聴率を維持、月火ドラマの最下位を記録していようとも、美しい映像と俳優の熱演は他のドラマより高い完成度を誇った。

まず、ユン・ソクホ監督の長所である美しい映像と、脚本家オ・スヨンの胸に響く台詞は、視聴者を魅了させ、マニアドラマを作り上げた。同ドラマを視聴してきた5%台の視聴者たちは「ラブレイン」に集中することができた。

また「ラブレイン」に出演した俳優たちは“足演技”(演技が下手という意味)批判とは無縁だった。中堅俳優チョン・ジニョンとイ・ミスクをはじめ、チャン・グンソク、ユナ、新人俳優キム・シフとパク・セヨン、初めて演技に挑戦した歌手ソ・イングクまで、ズバ抜けた演技力を披露し、ドラマの集中度を高めた。

チャン・グンソクは、これまで韓流スターという言葉に縛られ、まともに演技力に対する評価を受けることができなかった。トレンディーなイメージのためか、真剣な演技はできないという先入観もあったが、70年代のソ・イナを演じ、視聴者にその時代を十分に回顧させた。

ユナも、少女時代という看板や幼い年齢のため、70年代の感性をうまく表現できないだろうという偏見があった。しかし、清楚な魅力が輝いた70年代のキム・ユンヒ役を通じて演技の幅を広げることに成功した。

初めて演技に挑戦したソ・イングクも、安定した演技で視聴者の視線をひきつけた。70年代のキム・チャンモ役を演じたソ・イングクは、図々しい演技を見事にこなし、2012年に再び登場することになった。

キム・シフ、キム・ヨングァンなど主演・助演を問わず安定的な演技を披露し「ラブレイン」は俳優の演技力が好評を得た。
元記事配信日時 : 2012年05月30日07時14分記者 : イ・ウンジ



by blueskyh6 | 2012-05-31 23:03

欲しい…

朝日新聞欲しいよ…

コンビニにもないし…

悲しい…



by blueskyh6 | 2012-05-31 21:30

動画特集。。どーよ、隣人も。。









いつもなら別々に紹介するのだけど。。

多忙につき、ご容赦を。。



by blueskyh6 | 2012-05-31 17:50

今週のお店

b0233678_1056167.jpg


今日明日はお店をやっています。BGMはもちろん、グンちゃん!笑

良かったらのんびりお話しに来て下さいね♪



by blueskyh6 | 2012-05-31 10:55

全く。。



買ったわい!とツッコミを入れたい。。

3枚も!

昨日は中国行きでテンション下がってたけど。。

こんな人でした笑

そうだった。。

テンション下げてる場合じゃない。。


ドエス様についていくのは楽じゃない。。


けど好きなんだよね、全く。。ε=(・д・`*)ハァ…
b0233678_8382810.jpg
b0233678_8384733.jpg
b0233678_8391753.jpg
b0233678_840578.jpg
b0233678_8403127.jpg
b0233678_8411032.jpg




by blueskyh6 | 2012-05-31 08:34

JUST CRAZY

今聞いてます。。

大好きなこの曲からとったハンドルネーム。。

blue sky..

「BYE BYE BYE」

やっぱり私のベストかな。。

あれから1年。。

早いなあ。。

dreaming blue sky。。



by blueskyh6 | 2012-05-30 15:57

放映終了『ラブレイン』、チャン・グンソク&ユナ「後遺症が残りそう...」

放映終了『ラブレイン』、チャン・グンソク&ユナ「後遺症が残りそう...」
2012/05/30(Wed) 13:00


『ラブレイン』のチャン・グンソクとユナがハッピーエンドの結末をむかえた。

29日放送されたKBSの月火ドラマ『ラブレイン』の最終回では父母世代と絡まった運命の糸でつながれたチャン・グンソクとユナが愛を確認して結婚にゴールインする姿が描かれた。

特にユンヒは「あなたたちを会わせようと私たちが30年前に出会ったのではないかとそんなふうに考えるようになった」とし、子供たちの愛と幸福を少し離れた場所で祈る姿で『ラブレイン』が語ろうとした愛とその愛以上のことを見せて濃い余韻を残した。

昨年の秋から70年代のインハ、そして2012年のジュンで生きてきたチャン・グンソクは「70年代から2012年までとても長い間深い恋愛をしたような気がする。長い時間『ラブレイン』にどっぷり浸かっていただけに、とても後遺症が残るようです」とし、「インハとジュンに出会えて幸せだったし、忘れられない大切な作品になると思います。最後まで応援して一緒にしてくださった多くの方々に心より感謝を申し上げます」と、放映終了の所感を語った。

また、70年代のユンヒと2012年のハナを演じたユナは、「とても長い期間の間、共に過ごしてきたのでとてもむなしいような残念な感情が交差しています」とし、「今回の作品は演技に対して多くのことを学び、感じられたし、自ら変わるように努力して得たことが多いのでとても良かったです。愛して下さった視聴者の方々に深く感謝申し上げ、『ラブレイン』を長い間忘れないでおいてくださったらなと思います」と切ない所感を語った。


後遺症の残るのは、グンちゃんだけじゃないよ。。

これからしばらくは、抜け殻だ。。

b0233678_15371232.jpg
b0233678_15383029.jpg
b0233678_1539468.jpg
b0233678_15393994.jpg
b0233678_154066.jpg
b0233678_15403354.jpg
b0233678_15405872.jpg
b0233678_15413466.jpg
b0233678_1542180.jpg
b0233678_15423586.jpg




by blueskyh6 | 2012-05-30 15:36

BREAK OUT







by blueskyh6 | 2012-05-30 15:25

グンちゃんウナギのつぶやきブログ大好きなハンドメイドネタも(´∇`)
by blueskyh6
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

 

最新の記事

人生は全て
at 2019-03-31 09:10
人生は全て
at 2019-03-31 08:04
こんな夜は
at 2019-03-30 22:58
今日で何年目?
at 2018-11-01 13:58
お久しぶりです。
at 2018-11-01 13:53

カテゴリ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧