人気ブログランキング |

KIZUNA グンちゃんブログ

<   2012年 06月 ( 126 )   > この月の画像一覧




さんまのまんま予告!



こちらは21日。。楽しみ。。



by blueskyh6 | 2012-06-30 17:25

チャングンソク私的考察~孤独の星の王子さま 2~

ええと。。

どこまで書いたっけ。。

丸一日過ぎてしまいました。。

結構エネルギー使うのよ、これ。。



心にぽっかり穴のあいた20代。。

思えばこれは小さいときからそうだったかも知れない。

誰が悪いわけでもない。。

ただ寂しい気持ちをずっと抱えて生きてきた。。

兄弟が多く、親は子育てに忙殺されていたから、

小さい時から親の愛情に飢えていたのかも知れない。。

人の顔色を見て生活するのに慣れて、ほんとの自分を殺してきたような気がする。。

なんのために、なにをしたいのか。。

わからなかった。。

学生時代に出会った一人の作家。

夢野久作という人がいます。

おどろおどろしい世界を描くことで、作品が映画にもなった人です。(ドグラ・マグラ)

確かに気持ち悪い。。でも、不思議と当時のわたしの心にぴったりおさまった。。

それは、やはり孤独感というところでした。

彼自身が容姿のことでコンプレックスを抱き、どうしようもない孤独感を抱えていたのでした。

主人公のいいようのない悲しみが、言葉を通じて感じられた。

全く違うのですが、私はグンちゃんを見ていると夢野の作品を思い出したんです。

寂しさや、理解してもらえないやりきれなさを、

とっぴな行動に出て周りを驚かせることで、消化しようとする。。

そんな彼を周りはただ、「子供だ」「わがままだ」と、片付けようとする。

そこにいたるまで、長い長い絶望や苦しみの期間があったことを

周りは理解しようとしない。。

今彼が起こしていることがうなぎたちを困惑させたり、信頼を揺らがせたとしても、

それはしょうがないことなのかも知れない。。



だって孤独感に長期にわたり苦しんだことのない人間には、

絶対理解できないことだと思うから。。


スッキリ!で彼が言っていたこと。


「自分と戦っている」と。。


最近の彼の言動を見ている限り、本当にそんな気がする。

子供になりきれなかった子供時代をもう一度やり直して、葛藤しながら

本当の大人に向かって歩こうとしいる姿が。。


「HIKARI」に向かって、手をかざしながら、

光のある方向へ、一歩一歩、歩いていこうとする。。


この8日間、日本にいてくれたおかげで、彼自身を感じることができたことに感謝します。

改めて、この一人の青年を、陰ながら応援し、励ましていこうと思ったのでした。


孤独の星の王子様が、どうやって、光のあるところに近づいていくのか、


遠いところから静かに、


見守っていきたいと思うのでした。。



拙い文を、最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

もしもできるなら、

感想など聞かせていただけると嬉しいです。。



b0233678_1034351.jpg




by blueskyh6 | 2012-06-30 09:20

チャン・グンソクのファン以外からも問い合わせ殺到 「等身大写真」のパノラマワイドで話題が広がる

b0233678_1731078.jpg
チャン・グンソクさんがファーストアルバム発売 ワイドな紙面で、初のアーティスト等身大広告を掲載!

2012年5月30日配信ニュースリリース

朝日新聞社(東京本社:東京都中央区築地5-3-2)は5月30日、韓国や日本で人気の俳優・歌手、チャン・グンソクさんのファーストアルバム発売を、ワイドな紙面体裁「パノラマワイド」を用いて告知する企画を実施しました(広告主:ポニーキャニオン)。新聞4ページ分を横につなげた4連版(表裏)で見せるというもので、チャン・グンソクさんが迫力の等身大で掲載されています。本企画はエリア広告特集で、配布地域は東京・大阪・名古屋本社管内の計約50万部。朝日新聞では、有名アーティストの等身大の写真を広告に掲載するのは、初めてのことです。

チャン・グンソクのファン以外からも問い合わせ殺到 「等身大写真」のパノラマワイドで話題が広がる
ポニーキャニオン
2012/06/29

5月30日、人気韓流スター、チャン・グンソクさんの等身大写真のエリア広告が大きな話題になった。新聞4ページ分を横につなげた「パノラマワイド」という印刷で、彼のほぼ全身の写真が収まっている。ファーストアルバムの発売告知で、広告主は発売元のポニーキャニオン。東京・大阪・名古屋本社版配布エリアで計50万部を本紙に折り込んで配布した。朝日の読者であっても全てに配布されないため、当日朝のテレビ番組やソーシャルメディアで知ったファンなどから「どうやったら手に入るのか」といった問い合わせがポニーキャニオンや朝日新聞に殺到した。



本人がいない発売日にいかに盛り上げるかがミッション
「パノラマワイド」の提案に即決断

黒沢美樹氏

 チャン・グンソクさんのファーストアルバムのプロモーションは新聞広告を軸に展開された。その経緯について、音楽事業本部JKSプロジェクトの黒沢美樹さんは次のように語った。
「チャン・グンソクは、韓国をはじめ日本や中国などアジア圏で活躍しているアーティストです。アルバムリリースのタイミングで、ショーケース・ライブや握手会を開催するなど、日本では当たり前とされるプロモーションが難しいことは想定していました。たとえ発売当日に本人が日本にいなくても、日本中が話題となるようなプロモーションを仕掛けることが、私たちに託されたミッションでした」

 新聞で何かをしたい。その思いはプロモーションの方向性を決める早い時期から考えていたという。
  「マーケティングのチームから、新聞に掲載されたアルバムの記事や広告を切り抜いて『これを予約したい』とCDショップに持ってくる方も多いと聞いてから、新聞広告で何かできないかと考えるようになりました。また、チャン・グンソクは昨年、歌手デビューして以来、ファンの年齢層がぐっと広がりました。今では子どもから大人まで、親子でファンという方も多くいらっしゃって、本当に幅広い年齢の方が応援してくれています。そうしたことから、年代を問わず自宅に情報を届けられる新聞は雑誌に比べて効率がいいメディアだと思っていました」(黒沢氏)
プロモーション方法を考える上で黒沢氏がこだわっていることは、誰もやったことのない新しいこと。根底には、コアなファンはもちろん、ファン以外の人たちにもチャン・グンソクという存在、魅力を知ってもらいたいという強い思いがある。
「そう考えているときに、朝日新聞社から、新聞4ページ分を横につなげる4連版の『パノラマワイド』という広告の提案がありました。この紙面を活用すればアーティストの等身大写真の掲載も可能だというのです。最初に聞いたときは一体どんな感じなのかイメージできませんでした。アーティストの等身大写真を掲載することは朝日新聞でも初めてだったからです。実際に等身大写真を入れた見本紙を見せていただいて、その迫力に引きつけられ、即決しました」(黒沢氏) 



限定配布だからこその盛り上がり テレビやソーシャルメディアで大反響
2012年5月30日付 エリア広告特集 1-4面

 広告を掲載した当日の朝、テレビ各局のワイドショーで取り上げられ、ソーシャルメディアでも話題となった。早朝からポニーキャニオンと朝日新聞社には、予想をはるかに上回る数の問い合わせが寄せられた。朝日新聞社では、掲載日から2日間で4万件を超える反響があった。
「当日の朝からネットやツイッターをチェックしていたら、『チャン・グンソクの広告をゲットするように妻に頼まれた』『親戚に配布されているか聞いてみた』『上司も探している』など、チャン・グンソクという名前が飛び交っていました。広告が家に届いたかどうかだけで、多くの人たちが彼の名前を発していたんです。つぶやいていた人の中には、彼の顔と名前が一致しない人や、歌手として活動していることを知らなかったという人も多くいたはずです。そういう人たちにこそ、チャン・グンソクという存在を知ってもらいたかったのでその部分については狙い通り、大成功でした」(黒沢氏)
有名アーティストの等身大写真が初めて新聞広告として掲載されたことに加え、東京・大阪・名古屋本社版配布エリアで合計50万部と、配布地域と部数を限定したことも、反響を増幅させた要因の一つだったといえる。
「朝日新聞を購読している全世帯に届くのでは面白みに欠けるのではないか、と考えていました。もちろん、予算との兼ね合いもありましたし、届く家と届かない家があるということについては、ファンの方の不満も募るだろうな・・・という葛藤もあり・・・、伝わらなければ意味がないですし、ある程度は部数を限定したほうが、より話題になると考えたのです。伝言ゲームのように広告の話題が拡散されるよう、多すぎず、少なすぎずの部数を決めました。およそ10~15軒に1軒くらいの割合で届くのが約50万部だと教えていただき、それがベストだろうと決断しました。10万部なら、100万部ならと何度もシミュレーションをして、ぎりぎりまで悩みました」(黒沢氏)



チャン・グンソク自身も満足 CD売り上げも週間1位
 さらに、新聞広告の特性について。
「例えばアーティストの写真が雑誌に掲載される際、見開きの継ぎ目や折り目が顔にかからないように配慮します。新聞の場合、等身大写真は顔の位置が中央の折り目に来てしまうのですが、配達用に折るわけですから仕方がありません。紙なので水でぬらしたら破れてしまいます。だからこそ、ファンは宝物のように大事にしてくれるはずです。こういう新聞らしさを生かしたほうが面白いと思いました」
「掲載する写真は厳選しました。等身大と裏面の4種類の写真はすべて、誰が見てもかっこいいと思ってもらえる、今のチャン・グンソクの最高の写真を選んでいます。残念ながら新聞広告を入手できなかった方のために、同じデザインのポスターも制作しました(※アルバム購入者に抽選でプレゼント)。でも、みんなが心からほしいのは顔に折り目が付いていても破れやすくても、新聞広告の方だと思います」(黒沢氏)



 このプロモーションは、全社をあげて取り組むプロジェクトで、予算を効果的に使うというプレッシャーもあった。新聞広告のほか、液晶ビジョンなどの屋外広告によるプロモーションも展開した。
発売日の翌週火曜日に発表されたオリコンの「CDアルバム週間ランキング」で見事1位を獲得。海外男性ソロアーティストのファーストアルバムでの1位は史上初という。発売当日、アーティスト本人によるプロモーションを行わず、発売1週間で8万8千枚を販売した。

 「韓国の所属事務所もチャン・グンソク本人も、今回の新聞を使ったプロモーションにはとても満足してくれています。チャン・グンソクはセルフプロデュース能力がとても高い人です。発売の数日後、2日間のオフを利用してプライベートでこっそり来日したんですが、CDショップで自分で購入したCDにサインをして、「僕のこと知ってる?チャン・グンソクだよ、CDあげる!」って、道ゆく人に突然声をかけて、一緒に写真を撮ったりしていたんです。その様子が彼自身のツイッターにアップされたので、ファンの間では大騒ぎになりました。新聞広告で話題となった直後、さらに新しいネタを振りまいていしまう、そんなアイデアマンのチャン・グンソクに私たちも負けてはいられません(笑)。現在、ファンも世間も、チャン・グンソク本人もアッと驚くような次の作戦を練っているところです」(黒沢氏)
新聞広告でさらに知名度が上がったチャン・グンソクのプロモーションに終わりはない。今後の彼の活躍に、多くの日本のファンの期待が集まっている。



by blueskyh6 | 2012-06-30 07:08

ハートのヒョウ柄ワンピ

b0233678_22534695.jpg
b0233678_22532813.jpg


かわいい色使いのヒョウ柄です。

一枚でも、レギンスと合わせてもかわいい。。

フリーサイズ。

6400円です。

希望のかたは、メアドまで。。



by blueskyh6 | 2012-06-29 22:53

う…ヅラ…画伯…笑

b0233678_119253.jpg
b0233678_119960.jpg
b0233678_119171.jpg


きれいなんだけど…

ハイドか?

画伯…笑ったよ…



by blueskyh6 | 2012-06-29 11:11

チャングンソク私的考察~孤独の星の王子さま~ 1

8日間の滞在生活も今日で終わり。。

途中何度も、「追いかけるの疲れた。。早く帰ってくれ。。」と思いつつも、

いなくなるとなると、ほっとするよな、寂しいような。。


この8日間、私なりに色々感じたことを書きます。

あくまでも私的考察ですので。。


あの怒涛の羽田のお出迎え。

後ろからどつかれながら、必死に探したグンちゃんの姿。

光っていました。

白く優しい光が。。うっとりみとれました。

ウノのような、きよらかなオーラが漂っていました。

その時に言っていた同行の友の言葉。

オーラが優しい中にも冷たさがあると。。

でも彼自身には温かさを感じると。。

冷たさって何?

わたしの質問に彼女は答えた。。「孤独」ではないかと。。

孤独のオーラ??

この言葉は8日間、ずっと心に残っていたんです。

そして某所で一瞬見かけた彼の姿。

白くてさびしげな横顔。。に、私には思えた。。


そして先日のBILLSのツイ。

「さびしいな。。」

「日本であまり人気がないのか。。」(こんな文だっけ?)

これを見て、もう~!と思った人は多いだろう。。

同じ日に水鉄砲を持ち出しファンにかけたりして、

ポニキャ二のミキさんに「魔の24歳児」とツイられ。。

「子供だね」と思った人多数。。


先日のアプリのサジン削除やらなにやら。。

ここのところのグンちゃんには翻弄されること多しだね。



なぜか。

全てのことには意味がある。。


私がそもそもグンちゃんに惹かれたのはどこか自分に共通したものを感じたから。。

それは「孤独感」というキーワードだね。

20代の頃。。

私もとてつもない孤独感を感じて生きていた。

中身は違うけど、心にぽっかり穴があいて、それをうめるのに一生懸命だった。。


時間がなくなった。。

このつづきはまたあとで。。



by blueskyh6 | 2012-06-29 08:35

チャン·グンソク、日芸能も受付。才覚話し方·上手、日本語目

チャン·グンソク、日芸能も受付。才覚話し方·上手、日本語目
스타뉴스 원문 기사전송 2012年6月28日9時19分

俳優チャン·グンソクが日本放送を通じて魅力を発散した。28日、所属事務所によると、チャン·グンソクは22日、日本を訪問して現地の有名芸能番組に出演した。彼は日本の人気音楽番組フジテレビ"HEY!HEY!HEY! "、NHK" MUSIC JAPAN内での初ライブを録画し、有名なトークショーTV朝日"徹子の部屋"、フジテレビ"サンマノマンマ"と有名な朝の番組、日本テレビ系"スッキリ"など、各放送局の代表プログラムで熱いラブコールを受けて、最もホットなスターであることを立証した。"徹子の部屋"に出演したチャン·グンソクは、放送全体から通訳の助けが必要ないほど上手起き実力を発揮した。今年で37年を迎えた長寿番組でトップスターだけこの出演することができるという"徹子の部屋"の有名MC黒柳徹子は、チャン·グンソクと放送した後、彼に感動して、日本の有名芸能人にも容易に与えない彼女のトレードマークである50センチナ巻き上げた頭の中のキャンディーをはにかむように示した。また、親しいポーズで写真を撮影して制作関係者皆が驚いたフムイダ



by blueskyh6 | 2012-06-28 17:34

チャン·グンソク、日本芸能まで総なめにした通訳なしで完全対話 "アジアプリンス

チャン·グンソク、日本芸能まで総なめにした通訳なしで完全対話 "アジアプリンスのよね"
ニュース 原文 記事送信2012-06-28 09:21

関心指数53関心指数詳細情報
最小 0 現在 最大 100 検索 コメント 上げて スクラップ
[転送時間基準7日間アップデート]
ヘルプ を閉じる 文字拡大 文字縮小
チャン·グンソクが日本芸能まで総なめにした。チャン·グンソクは日本初のオリジナルアルバム"Just Crazy"収録曲"stay"と"Abracadabra" PV撮影のため6月22日日本を訪問して忙しい日程を消化し ​​ている中で、日本の看板芸能番組に出演製作陣はもちろん、有名なMCまで彼の魅力にどっぷり浸かることにした。チャン·グンソクは、一日最大14時間、公式日程だけ全部で約80時間、非公式まで合わせて約100時間を超えるタイトな日程を消化し ​​ている中で、各放送局のメインプログラムに私が予測不可能の話術を披露した。チャン·グンソクは昨年、日本代表芸能プログラム'スマスマ'と'とんねるずクワジュキライ"に出演したのに続き、今回は有名トークショーTV朝日"徹子の部屋"、フジテレビ"サンマノマンマ"有名朝の番組日テレ"スッキリ"など、各放送局の代表番組ラブコールを受けた。"徹子の部屋"に出演した韓流俳優の中で最初に放送全体を日本語で言ったチャン·グンソクは、通訳者も必要ないほどの上手な起き実力で、既存の韓流俳優たちとは確実に他の面を見せてくれた地元のアーティストたちも消化し ​​にくいプログラムを主導し、日本芸能界の看板MCと製作陣を魅了した。今年で37年を迎えた長寿番組で、トップスターたちだけが出演することができるという"徹子の部屋"の有名MC黒柳徹子は、チャン·グンソクと放送した後、彼に感動して、日本の有名芸能人にも容易に与えない彼女のトレードマークである50センチナ巻き上げた頭の中のキャンディーを恥ずかしそうにプレゼントするのはもちろん親しく写真を撮るなどの愛情いっぱいの姿を見せて日本のスタッフたちも驚きを隠せなかったという裏話だ。今回の訪日日程はチャン·グンソク、一人の俳優のための日韓スタッフは約200人のスタッフが動いたしたプログラムでは、チャン·グンソクのためだけにスペシャルセットの舞台から有名コメディアンが彼の故郷である忠清北道丹陽を直接行ってきた真心を込めたコーナーでは、現場での特別の配慮まで国賓待遇が続いた。このような特別待遇にもチャン·グンソクは、リハーサルの舞台にも実戦のように誠実で謙虚に取り組むプロフェッショナルな姿を見せており、昨年、日本地震被害を助けようと作ったブレスレットを着用したりもする姿を見せた。一方、チャン·グンソクは日本初のオリジナルアルバムの収録曲PV撮影を続けて継続する予定である



by blueskyh6 | 2012-06-28 17:32

韓国記事より

チャン·グンソク、日卵黄芸能渉猟。どのように違ったか
OSEN 原文 記事送信2012-06-28 09:09

[OSEN =ユンが記者]俳優チャン·グンソクが日本芸能を席巻した。日本初のオリジナルアルバム"Just Crazy"の収録曲"stay"と"Abracadabra" PV撮影のため去る22日日本を訪問して忙しい日程を消化し ​​ているチャン·グンソクは、地元のでも有数の多くの有名な番組に出演し、根深い日本の各放送局の看板芸能番組の制作陣はもちろん、有名なMCまで彼の魅力にどっぷり浸かることにした。日本初のオリジナルアルバム発売後、特別なプロモーションがなくてもオリコンデイリーとウィークリー1位を占めるの熱い愛を受けたことに報いるために日本を訪れたチャン·グンソクは、一日最大14時間、公式日程だけ全部で約80時間、非公式まで合わせて約100時間を超えるタイトな日程を消化し ​​ている中で、各放送局のメイン番組に出演し、予測不可能な話し方をプレゼントして日本の芸能をひっくりかえって覆した。日本の人気音楽番組フジテレビ"HEY!HEY!HEY! "、NHK" MUSIC JAPAN "で初ライブを録画したチャン·グンソクは昨年、日本代表、芸能プロ"スマスマ"と"とんねるずのクワジュキライ"に出演して話題をモアトドンデ続き、今回は有名トークショーTV朝日"徹子の部屋"、フジテレビ"サンマノマンマ"と有名な朝の番組、日本テレビ系"スッキリ"など、各放送局の代表番組で熱いラブコールを受けて、最もホットなスターであることを立証している。"徹子の部屋"に出演した韓流俳優の中で最初に放送全体をひっくるめて、日本語だけを駆使したチャン·グンソクは、通訳者も必要ないほどの上手な起き実力で、既存の韓流俳優たちとは確実に他の面貌を見せた。地元のアーティストたちも消化し ​​にくいプログラムを主導し、日本芸能界の看板MCと製作陣を魅了した。特に、今年で37年を迎えた長寿番組で、トップスターたちだけが出演することができるという"徹子の部屋"の有名MCクロ柳徹子はチャン·グンソクと放送した後、彼に感動して、日本の有名芸能人にも容易に与えない彼女のトレードマークである50センチナ巻き上げた頭の中のキャンディーを恥ずかしそうにプレゼントするのはもちろん親しく写真を撮るなど愛情一杯な姿を見せ日本のスタッフも驚きを隠せなかったという後日談。今回の訪日日程はチャン·グンソク、一人の俳優のための日韓スタッフは約200人のスタッフが動いたし、あるプログラムでは、チャン·グンソクのためだけにスペシャルセットのデビュー以来有名コメディアンが彼の故郷である忠清北道丹陽を直接行ってきた真心を込めたコーナーでは、現場での特別の配慮まで、それこそ国賓待遇が続いた。このような特別待遇にもチャン·グンソクは、リハーサルの舞台にも実戦のように誠実で謙虚に取り組むプロフェッショナルな姿を見せた昨年の日本の地震被害を助けようと作成したブレスレットを着用するなど、日本のスタッフたちを感動させている彼が、なぜ"アジアプリンス"になるしかないのかもう一度悟るようにした。一方、現在の日本での短い期間にもかかわらず、多くの放送スケジュールを完全消化し ​​たチャン·グンソクは日本初のオリジナルアルバムの収録曲PV撮影を続けて継続する予定だ。
b0233678_17301016.jpg
b0233678_1731020.jpg




by blueskyh6 | 2012-06-28 17:31

CRI SHOW2のポスター。。ヒイ~!

チャングンソクJapan Fanclub‏@jksjapan

JKS(訳):チャン・グンソク アジアツアーThe Cri show2 製作費だけで130億(ウォン)を超えてると…日本で辛ラーメンばっかり食べさせられた理由があったんだな… http://pic.twitter.com/ryC245iO



b0233678_17122591.jpg



やはり。。

来たか。。

ヅラ。。

今年も。。


ああ。。

スッキリの、もえもえのグンはいずこへ。。


でもさ。。


ワクワクする。。

どんなだろ。。

どんな風に、グンちゃんがうなぎを楽しませてくれるのか。

楽しみです。

9月まで。。

名古屋でまってるよ、グンちゃん。。



by blueskyh6 | 2012-06-28 17:15

グンちゃんウナギのつぶやきブログ大好きなハンドメイドネタも(´∇`)
by blueskyh6
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

 

最新の記事

人生は全て
at 2019-03-31 09:10
人生は全て
at 2019-03-31 08:04
こんな夜は
at 2019-03-30 22:58
今日で何年目?
at 2018-11-01 13:58
お久しぶりです。
at 2018-11-01 13:53

カテゴリ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧